キーボードのトラブル対処方法

PCを使う際、キーボードが動かなかったり、設定が変わってしまい、困った事はありませんか?

普段良く使うキーボードですが、いざトラブルが発生すると対処方法は知らないものです。

このサイトでは、Windowsでのキーボードのトラブル対処方法をご紹介します。



 

キーボードの種類を確認

キーボードには、有線式と無線式の2種類があります。有線式はコードでPCとキーボードが繋がっているもの。無線式はPCとキーボードがコードでつなかったいないものを言います。

PCのトラブルの一部は、対処法が有線式と無線式で異なります。よって、最近のキーボードは無線式が主流ではありますが、まずはご自分のキーボードがどちらの方式かを確認する必要があります。

 

キーボードが動かない、変な動きをする時の対処方法

対処方法は、何が原因かによって変わってきます。よって、原因を特定しなくてはなりません。

キーボードが動かない原因は大きく分けて以下の3つとなります。それぞれの原因に対する対処方法をご紹介します。

(1)電源が入っていない

(2)設定が出来ていない

(3)故障している

スポンサーリンク


 

電源が入らない

有線の場合

有線コードの場合は、PCとキーボードが接続出来ていないとキーボードの電源が入りません。よって、PCとキーボードの接続部分がしっかり繋がっているか確認して下さい。

接続されている場合には、接続部分が故障している可能性があります。確認の為、キーボードをPCの他のUSBポートに繋ぐか、可能であれば他のPCに繋いで動くかどうか確認してみて下さい。故障の場合には、修理が必要です。

(無線の場合)

無線式の場合、キーボード本体の電源の状態を調べます。電池式の場合は電池の確認、充電式の場合は充電状況を確認して下さい。

 

設定が出来ていない

無線の場合

キーボードがデバイスとして認識されていない

PC側でキーボードがデバイスとして登録されていないと動きません。よって、登録されているか確認する必要があります。

まず、PCのコントロールパネルを開きます。場所が分からなければ、Windowsの検索を使って探すと簡単に出てきます。

右上の表示方法を「カテゴリ」にします。

コントロールパネルの中の「ハードウェアとサウンド」を選択、次に表示された画面内で「デバイスとプリンター」を選んで下さい。

すると、デバイス欄に登録されているデバイスが表示されます。もし、キーボードが表示されていなければ、デバイスの追加ボタンを押して、出てきたアイコンからキーボードを選んで追加して下さい。



 

有線・無線共通

日本語入力システムが壊れている

日本語入力システムがちゃんと動いているか確認します。

画面の最下段右下にある言語バーのひらがな、或いはカタカナ、アルファベットの上にカーソルを当てて、右クリックして下さい。そこで入力方法を希望の入力方法に変更出来ます。


既に希望の入力方法になっているのに、正しく入力出来ない場合には、日本語入力システムが壊れている可能性があります。

その場合には、「google日本語入力」という無料ソフトをダウンロードして使うと問題が解消すると思われます。

フィルターキーの設定を外す

何かの弾みでフィルターキーの設定が有効になると、キーを押し続けないと文字が入力出来なくなったり、同じ文字を連続して入力出来なくなります

フィルターキーを無効にするやり方です。

まず、PCのコントロールパネルを開きます。場所が分からなければ、Windowsの検索を使って探すと簡単に出てきます。

右上の表示方法を「カテゴリ」にします。

コントロールパネルの中の「コンピューターの簡単操作」を選択、次に表示された画面内で「コンピューターの簡単操作センター」の下の「キーボードの動作の変更」を選んで下さい。

そこで表示された項目の中から、「フィルターキー機能を有効にします」のチェックを外して、最後に下段の「OK」を押します。

テンキーだけが動かない場合

テンキーだけがちゃんと動かない場合には、NumLock(PCによってはNumLK)がオフになっている可能性があります。NumLockキーを押してからテンキーの反応を確認してみて下さい。

NumLockキーは、大半のパソコンはキーボードの上段F12の右側辺りにあると思われます。

 

まとめ

キーボードが動かないと、原因や対処方法が分からずイライラしてしまいます。時には仕事に支障が出る場合もあるでしょう。

そんな時の為に、このサイトでは原因や対処方法についてご紹介しました。

ご紹介した原因も該当しない場合には、故障している可能性が高いので、メーカーまたは購入されたショップにお問い合わせ下さいね。