【クリーニング】ホワイト急便、白洋舎の比較について

クリーニング店の3つのタイプ

実は、クリーニング店と一括りに言っても、店によって運営は大きく異なります。それらは大きく以下の3つのタイプに分かれます。

クリーニング店を選ぶ際には、まずは対象のクリーニング店がどのタイプかを認識した上で、判断する必要があります。

自家洗いのお店

お店の中でクリーニング処理を行っているタイプ。

取次店

お店では衣服の受け渡しのみを行い、クリーニング処理は別の場所(工場)で行っているタイプ。

ネット宅配クリーニング

店舗を持たずに、ウェブサイトや宅配ボックスなどで注文を受け、処理工場に取り次ぐタイプ。 洋服は宅配で配送される


クリーニング店の選び方で重要なポイント

それでは、クリーニング店を選ぶ重要なポイントをご紹介します。

 

受付は十分な知識を持っているか?

クリーニング店で重要なのは、受付です。お客様とのやり取りの中で、衣類の状況を見極め、衣類に適したクリーニング方法を適切に提案出来る店がオススメです。

それは、病院と似ているとも言えます。患者の病状を聞いて、適切な担当科医を紹介する点で大変似ていると言えるからです。

衣類の状況によっては、シミ抜きや修正・補正を行うなど、適切にアドバイスをする事が求められます。それによって、大事なお洋服が長持ちするのです。

また洗濯時のリスクについても事前にしっかりと説明する必要があります。クリーニングのトラブルの大半は、受付でのやり取りに原因があると言われているのです。

その為にも、受付のスタッフは、研修教育などにより衣類や洗濯に関する知識を持っている事が大変重要です。

 

トラブル発生時の連絡先が分かる書面等が発行されているか?

トラブルが発生した時に、すぐに連絡出来る様な書面・伝票・預かり証などを発行していないクリーニング店は、顧客本位の経営スタイルとは言えません。

営業には前向きでも、トラブル対応には後ろ向きの店も中にはあります。その様な店を選ばない為にも、アフターケアーを意識した店かどうかしっかり見極める必要があります。

その第一歩として、連絡先がわかる書面・伝票などの発行は必要不可欠と言えます。

中には、無店舗の宅配サービス業者で、洋服を持って行ったまま連絡が取れなくなったというケースもありますので、連絡先はしっかりと把握しておく必要があります。

 

Yシャツの仕上がりはどうか?

クリーニングの技術が重要なのは当たり前ですが、一度や二度クリーニングを依頼しても、一般の人にはなかなか技術力を判別出来ません。そこで、Yシャツなどの簡単なものを数回出して技術を確認することをオススメします。なぜなら、Yシャツの仕上げの上手な店は、技術のある店であるケースが多い為です。そうであれば、高価な衣類も安心して出せます。

 

LDマーク、Sマークなどのマークがあるか?

「LDマーク」は、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の組合加盟店を表し、厚生労働大臣の認可を受けて設定されている標準営業約款制度に登録されている店舗のマークです。そのほかにも各地域の組合加盟店を表すマークなどがあります。これらのマークのある店は、ほぼクリーニング事故賠償基準があると言えますので、トラブル時には安心です。

 

ホワイト急便と白洋舎をご紹介します

最後に、大手クリーニングチェーンのホワイト急便と白洋舎についてご紹介します。

 

ホワイト急便

ホワイト急便は、8,000店の店舗を展開する大手クリーニングチェーンです。営業時間は、朝9時−夕方19時を中心に、店によって異なります。

店舗の場所、営業時間は、店舗検索で簡単に調べる事が出来ます。www.white-ex.co.jp/shop/

特徴は

・市場調査に基づき地域一番安を目指した料金設定

・即日仕上げの「クイックサービス」を基本

・手仕上げが必要な高級衣類やサイズの大きい布団、毛布、じゅうたんなど、家庭での洗濯が難しいものまで対応

 

価格は、地域によって異なりますが、一例で東京都世田谷区の価格をご紹介します。
ワイシャツ         130円− デザインシャツ   330円−
ブラウス          330円− スーツ 上        450円−
ズボン/パンツ      350円− スカート         320円−
セーター/カーディガン  330円− ワンピース      760円−
ネクタイ          300円− コート        1,020円−
ジャンバー         490円− ダウンジャケット   1,400円−
 

その他のサービス

・スタッフが自宅に取りに来てくれる集配サービス

・ネットで24時間受付。集荷、配達をしてくれます宅配ネットクリーニング

・9ヶ月まで保管してくれる保管付きクリーニング

キャンペーン

ホワイト急便のキャンペーンは、フランチャイズを束ねる地域本部毎に行なっており、地域によって時期・内容が異なりますので、ご自分の地域のキャンペーンを確認する必要があります。

スキルアップの取り組み

技術面では、ワイシャツ機械仕上げ、ワイシャツ手仕上げ、ドライ物、染み抜きの4種のコンテストを全国で実施。営業面でも接客コンテストを実施し、レベルアップに取り組んでいます。

 

 

白洋舎

白洋舎は、796店の店舗を展開する大手クリーニングチェーンです。営業時間は、朝9時−夕方19時を中心に、店によって異なります。

店舗の場所、営業時間は、店舗検索で簡単に調べる事が出来ます。www.hakuyosha.co.jp/cleaning/shop/

特徴は

・研究開発やスタッフの技術力アップに積極的に取り組んでおり、価格よりも質を重視

・即日仕上げの「クイックサービス」もオプションとして用意

・手仕上げが必要な高級衣類やサイズの大きい布団、毛布、じゅうたんなど、家庭での洗濯が難しいものまで対応

 

価格は、以下のテーブルで決まっています。
ワイシャツ         350円− デザインシャツ   600円−
ブラウス          550円− スーツ 上         1,160円−
ズボン/パンツ      640円− スカート         550円−
セーター/カーディガン  550円− ワンピース     1,000円−
ネクタイ          400円− コート        1,800円−
ジャンバー         850円− ダウンジャケット   2,000円−
 

その他のサービス

・スタッフが自宅に取りに来てくれる集配サービス

・ネットで24時間受付。集荷、配達をしてくれます宅配ネットクリーニング

・12ヶ月まで保管してくれる保管付きクリーニング

キャンペーン

白洋舎では、現在、5月最終営業日までキャンペーンを実施しており、初めて白洋舎を利用した方にドライクリーニング300円割引券を配布しています。

また、店舗で「うららか会」の無料会員になるとドライクリーニング200円割引券を2枚もらえます。

スキルアップの取り組み

技術面では、洗濯科学研究所にて日々クリーニング技術について研究開発しています。洗浄、仕上げ、しみ抜きといった重要プロセスごとに資格を与える技術者資格制度を導入し、技術者向けのシミ抜き教室なども開催しています。

スポンサーリンク