コインパーキングの駐車場の検索、月極、時間貸しなど

コインパーキングとは

コインパーキング(Coin Parking)とは、不特定多数の利用者に対して駐車場を貸与し、利用した分の料金を支払う時間貸し駐車場のことです。

駐車場には屋外と屋内の2タイプがあります。

駐車場の管理は、1〜8台までの小規模駐車場はロック方式(フラップ板)、それ以上の大規模駐車場はゲート方式で行い、発券機や精算機を設置している場合が多いです。

ロック方式(フラップ板)の場合は、駐車するとセンサーが感知して、地面に埋め込まれたフラップ板が上昇し、車両を動かせないようにします。出庫の際に、精算機に駐車スペースの番号を入力し料金を支払うとロック板が下がり、出庫出来る様になります。ゲート方式の場合は、センサーは設置されず、ゲートバーのみの管理となります。

2006年から道路交通法が改正され、駐車監視員による駐車違反の取締りが行われるようになったため、コインパーキングの需要が高まりました。


コインパーキングの運営会社

コインパーキングの主要な運営会社は下表の通りです。

ここからもわかる様に、管理台数はタイムズが多いですね。駐車場を探す際には、少なくともタイムズは検索しておくべきですね。
名前  台数
タイムズ(パーク24) 698,252(2017/12)
三井のリパーク(三井不動産リアルティ)  191,450(2016/3)
NPC(日本パーキング) 48,965(2015/12)
日本駐車場開発 43,363(2018/1)
駐車場綜合研究所 24,736(2013/3)
トラストパーク(トラストパーク) 31,710(2017/12)
NTTル・パルク 約4,000(2016)
名鉄協商パーキング(名鉄協商) 約60,000強(2017)
(駐車場台数は、一部月極駐車場が含まれていますので参考程度にご覧ください)

 

 

上記の通り、タイムズの管理台数が最も多いので、今すぐ空いている駐車場を知りたいなら、タイムズを調べると良いと思います。

タイムズについて

タイムズは、パーク24株式会社が運営するコインパーキングで、遊休地を保有するオーナーの土地活用の手段として、遊休地にロック付きの無人駐車料金徴収装置を設置し、24時間無人時間貸駐車場として運営しています。

パーク24は、これら駐車場管理業以外にも、大型駐車場・ビル型駐車場などの施設駐車場といった色々な駐車場事業を展開しており、現在では国内最大の駐車場ネットワークを形成しています。

 

駐車場の検索(時間貸し、月極め)

タイムズの駐車場を検索するなら、タイムズのサイト「タイムズ駐車場検索」で簡単に調べる事が出来ます。

検索は、サイトに表示されている日本地図の都道府県をクリックして調べる事ができるほか、駅名、施設名、住所から調べる事も可能です。

このサイトでは、最大駐車台数や料金を確認出来ます。また、携帯用無料アプリもサイトに表示されたQRコードを読み込みダウンロードする事ができます。このアプリでは、リアルタイムに最新の満車空車情報が確認できるほか、現在地からタイムズ駐車場までのルート検索も可能です。

また、「タイムズ駐車場検索」ではコインパーキングの他にも月極駐車場を探す事が出来ます。

サイト画面下方にある月極め駐車場のボタンを押すだけです。こちらでは、金額、サイズ、空き状況について確認出来ます。

 

タイムズの支払い方法について

タイムズは、クレジットカードでの支払いが可能です。クレジットカードで支払える駐車場は現在のところ、タイムズのみです。また電子マネーやICカードも利用可能です。

利用可能なカードは以下の通りです。

 
利用可能なクレジットカード VISA、マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ、UFJカード、トヨタファイナンス
利用可能な電子マネー・ICカード Suica、PASMO、ICOCA、Kitaca、TOICA、manac、Pitapa、WAON、SUGOCA、はやかけん、nimoca
 

タイムズのその他サービス

タイムズクラブ

タイムズには、無料で登録出来る「タイムズクラブ」というサービスがあります。

タイムズクラブに登録すると、駐車場を100円使う毎に1ポイントが付与され、ポイントが一定程度貯まると駐車場回数券や各種商品と交換する事が出来ます。

その他にも、レンタカーや施設などを割引で使う事が出来ます。

 パーク&ライド

タイムズでは、パーク&ライドという割引サービスがあります。

これは、駅近くの駐車場に車を止めて、公共交通機関を利用すると駐車料金が割引になるというものです。料金支払い時に公共交通機関で使ったICカードを精算機にかざすと割引されます。

また、新幹線でも使う事が出来ます。

駐車場を出庫する日に所定の新幹線の降車駅まで「エクスプレス予約」または「スマートEX」をご利用になった方限定で利用出来ます。改札を出る際に出てくる利用票が必要となりますので、無くさない様に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク