投資信託とは? 投資信託のメリット、デメリットについて

投資信託とは?

自分で運用する場合には、投資対象である銘柄を自分で選ぶ必要があります。銘柄を選ぶには、それなりの専門性が求められます。その為、銘柄選択を専門家に任せたいという方も多くいらっしゃします。その様な方にお薦めなのが「投資信託」です。

「投資信託」とは、簡単に言えば「投資家から集めたお金をひとつにまとめ、運用の専門家が国内外の株式や債券などに投資・運用する商品」です。その運用成果は、投資信託を購入した方々の投資額に応じて分配される仕組みとなっています。集めたお金をどのような資産で運用するかは、投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が判断します。

投資信託のメリット・デメリット

投資信託には、メリットだけでなく、デメリットがありますので、投資信託を購入される場合にはデメリットもしっかりと把握した上で購入される事をお勧めします。
ここでは特に主要なものをお伝えします。

(メリット)

①少ない金額から投資が出来る

通常、株式や債券に投資する場合には、ある程度まとまったお金が必要になります。しかし投資信託であれば、1万円程度から投資する事が可能です。

②分散投資が出来る

資産運用では通常、下落リスクを低減するために投資対象を幾つかの資産に分けてリスクを分散させる「分散投資」が行われます。この際、個人の投資家が自分で分散投資をしようとすると複数の銘柄を購入する必要があり、ある程度まとまった資金が必要となります。しかし投資信託では小口のお金を集めてひとつの大きな資金として運用するので、個人の投資家は少額から分散投資をすることが可能になります。投資信託は、このような分散投資の考え方から生まれた金融商品なのです。

③専門家に運用を任す事が出来る

株式や債券などの投資には専門的な知識やノウハウが必要です。それを個人で身につけるのは大変難しい事です。投資信託では、経済・金融などに関する知識を身につけた専門家が、個人の投資家に代わって運用します。またこれらの運用実績については、基準価格という形で日々公表されており、決算ごとに監査法人などによる監査も受けているため、透明性が高い点は安心材料といえるでしょう。

④投資しにくい地域や資産にも投資出来る

投資信託は、国内外の多様な資産への投資が可能です。株式、債券以外にもリート(不動産投資信託)や石油・貴金属などのコモディティーに投資する商品もあります。
また、個人投資家には投資が困難な発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品もあります。

(デメリット)

①費用が掛かる

投資信託には、様々な費用が発生します。具体的には、「販売買付手数料」、「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」、「信託財産留保額」などが挙げられます。但し、これらの費用は投資信託によっても異なりますので、安い費用の商品を探すことも可能です。

・販売手数料とは、投資信託を購入する際に支払う費用です。

・ファンドの管理費用(含む信託報酬)は、投資信託の運用に掛かる費用です。

・信託財産留保額は、投資信託を信託期間の途中で払い出す際に掛かる費用です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする