株式とは? 株式の権利、市場の種類、売買、受け渡しについて

株式とは?

株式とは、企業が事業を営むための資金調達を目的として発行している有価証券です。企業は、自社の株式を証券取引所に上場させる事によって資金を調達しています。この際に調達した資金は、借入と異なり返済期限が無いため、株式を上場する事によって安定した資金調達をする事が出来るのです。皆さんが売買しているのは、この上場株式となります。

株式の価格(株価)は変動するため、購入後に株価が上昇すれば値上がり益(キャピタルゲイン)が、株価が下落すれば値下がり損(キャピタルロス)が発生する事になります。加えて、株式を保有していると、会社の利益が還元される配当金(インカムゲイン)や株主優待(会社の商品やサービスなど)を受け取る事も出来ます。

株式の権利とは?

株式を保有すると、以下の3つの権利を得ることが出来ます。

・経営参加権・・・株主総会に参加して、持株数に応じた議決権を行使する事が出来ます
・利益配当請求権・・・会社の利益から還元される配当を受け取る権利
・残余財産分配請求権・・・会社が解散した時、残った財産を持株数に応じてもらえる権利

一般的には、利益配当請求権以外はあまり気にする必要はありません。但し、稀に会社が倒産する事がありますので、その場合は残余財産分配請求権を行使する場合があります。代表的な例でいうとライブドアなどが挙げられます。ライブドアの場合、数年後に支払いがされています。

株式市場の種類について

株式が上場している証券取引所は以下の通りです。

大企業中心の市場 ベンチャー企業中心の新興市場
東京証券取引所 市場第1部、市場第2部 JASDAQ、マザーズ
名古屋証券取引所 市場第1部、市場第2部 セントレックス
札幌証券取引所 市場 アンビシャス
福岡証券取引所 市場  Q-Board

よく名前を聞くのが東京証券取引所の市場第1部(東証第1部)ですね。一方、新興市場は比較的新しい成長企業が多く、個人投資家が好む企業が多いのが特徴です。

但し、地方の取引所や新興市場に上場している銘柄は、流動性(取引される金額)が低い銘柄も多いので、売買する際には注意が必要です。

株式の売買について

株式を売買するには、証券会社に口座を開設する必要があります。

売買をする際には、以下の4つを指定する必要があります。

①銘柄コード
②売り・買いの区別
③株数
各銘柄毎に、100株(単元株)の整数倍で注文する必要があります。
④売買価格の指定
指値注文と成行注文があります。
指値注文とは、売買価格を決めて注文するやり方です。
この場合、価格条件を満たさないと不出来となります。
成行注文は、値段を指定せずに売買を優先する注文するやり方です。
この場合、売買を優先するので、思わぬ価格で約定するリスクがあります。

売買代金の受け渡しについて

株式を売買した日を約定日といい、その後、実際に売買代金や株式の授受が行われる日を受け渡し日と言います。売買が成立した場合、投資家は売買価格✕株数の代金を支払い若しくは受け取る事になります。この際には、証券会社に委託手数料とそれに掛かる消費税を支払います。

約定日を起点に原則4営業日目の受渡日に売買代金及び株式の受け渡しが行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする